督促状を受け取るようになったら任意売却を

任意売却の活用法

任意売却は自分に少しでも決定権があるうちに次のステップへ向けて前向きな第一歩を踏み出すための方法

任意売却の活用法main画像

督促状を受け取るようになったら任意売却を

自宅のローンの支払いが厳しくなってきた、このままでは家を失ってしまうという時、あなたならどんな対策を取りますか?

実際、ローンの返済が遅れがちになると、そのたびに督促状が届くようになります。

督促状はローンの支払いの期限を過ぎたら、20日以内には送付されてきます。

督促状が届いているにもかかわらず、延滞されてしまうと、催告書という形になって、最後通告を送ってくることになります。

この最後通告では、ローンの滞納の全ての額を通告してくることになります。

ローンの支払いをここまで貯めているという時点で、全ての額を一度に支払うことができるという可能性は限りなく低いわけですから、この時点で家を競売に取られる覚悟をするということになります。

恐ろしい話ですが、決してヒトゴトではありません。

ローンの支払いが遅れるというのはつまり、家を失うということと同じなのです。

この先、支払いが追い付く目処がつかない場合には、早い段階で、任意売却119番などの専門機関の無料相談をおすすめします。

任意売却は競売と違って少しでも高く自宅を売却することができ、その分多く残債返済にあてることが可能になります。

直視したくない現実かもしれませんが、そのままにしておけば確実に近い将来、自宅を取られることになってしまうわけですから、少しでも自分側に決定権があるうちに動く方が賢明です。

多くの任意売買専門業者がいます。

こうした案件を専門に扱う会社に任せることで、安心して次のステップを考えることができるようになります。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント